合コンで出会った女の子とのデート失敗談

体験談

以前に筆者が体験した、合コンで出会った女の子とのデートで失敗した話になります。

女の子のスペック

3つ自分より年上の女性の方。当時自分が25だったので28ですね。

理系の学部出身でメーカー勤務。

見た目は可愛らしい感じな雰囲気。身長は平均ぐらいでスタイルも普通ぐらい。

「出会いがない」と自称しており、恋愛に自信なさげな女性の方でした。

合コンでの出会い

ある日、筆者の知り合いの男性からLINEが来ました。

「今度飲み会やるんだけど来ない?男女半々ぐらいで、初めましての方が多いから気兼ねなく参加できると思うよ」

筆者にとって人生初めての合コンのチャンスでした。「行く!」と即答しました。

新宿の居酒屋で、ちょっと合コンするにはいいのかな・・・という感じのお店でした。

そこに行くと、既に知り合いの男子とはじめましての男性数人と女性がいました。

どうやら筆者の知り合いの男性とその場にいた女性が幹事のようでした。

その後、筆者の後にも男女それぞれ来てました。

結果、男女半々ではなかったのですがw

男性5人・女性3人での飲み会となりました。

男子陣は幹事のコミュ力高い系男性、スーツが似合ういい人男性、オタクな雰囲気の理系男性、あまり印象のない大人しい男性、そして筆者。筆者もマジメでガツガツしていないので、肉食系が少なかったです。

女性陣は幹事のコミュ力高い女性(28)ハルカちゃん、天然ボケ系の女性(25)ミオちゃん、そして今回筆者がデートした可愛らしい女性(28)カナちゃんの3名でした。

合コンでの立ち回り

その場では自己紹介を簡単に行った後、仕事の話やプライベート・趣味の話などしていきました。

その後、ひと段落した後に大きく2グループに分かれて話していきました。

幹事のハルカちゃんが優しく、あまり積極的に話をしない静かめな男性陣に話を振っていました。

ミオちゃんとカナちゃん、そしてコミュ力高い幹事・スーツ男子・筆者の5人で話が盛り上がっていました。

ミオちゃんが天然でお酒を飲んで少々酔っ払って、話を全部持っていく感じで盛り上がりました。

そんな楽しい中終わり、二次会カラオケの流れも一瞬ありましたが結局その場でみんなで解散しました。

それぞれLINE交換して、筆者はミオちゃんとカナちゃんに個別でメッセージ送りました。

六本木でデートするも

合コンの後1週間後ぐらいに、雰囲気が一番好みだったカナちゃんにメッセージを仕掛けました。

ジュン
ジュン

元気ー?

今後の土曜日って空いてますか?一緒にチーズ食べに行く人探してまして、お好きだったのを思い出しまして!

カナちゃん
カナちゃん

元気ですよ!

いいですね!ただちょっと予定がありまして、、

ジュン
ジュン

あーそうなんですね!残念です

こうなる可能性を当然踏まえていて、時間が経ってからこれからデート打診です。

ジュン
ジュン

この前以前話していた〇〇のチーズ食べてきました!すごくフレッシュで美味しかったです!

カナちゃん
カナちゃん

えー!そうなんですか!それは美味しそうですね

ジュン
ジュン

はい!カナさんってイタリアンお好きですか?ぜひ今後チーズ食べに行きましょう!いいお店知ってます

カナちゃん
カナちゃん

いいんですか?ありがとうございます

という感じでした。

六本木のイタリアンを予約してご飯を食べました。

ジュン
ジュン

(やっぱり清楚な雰囲気で可愛いな・・・こんな女の子が本当にしばらく彼氏いないなんて・・・)

カナちゃん
カナちゃん

あの・・・待ち合わせの時に「店の前にいます」とメッセしたじゃないですか。

実は今日会うまで、ジュンさんが飲み会の時のミオちゃんと私を勘違いしてるのかもと思って、

もし間違ってお店に入ってしまったら悲惨だなと思ってたので、お店の前で声かけてもらうようにしましたw

ジュン
ジュン

!?

いやいや、間違えないですよw

もちろんカナさんを誘ったんですよ

カナちゃん
カナちゃん

それならよかったw

だって、ミオちゃんって私より若いし、ドジなところが可愛らしくて、

私もあんな感じになりたかったなって思ってw

ジュン
ジュン

(ちょっと変わった子なのかな・・・w)

一軒目が終了。

カナちゃん
カナちゃん

え?代金もう払ったんですか?

自分の分払いますよ!

ジュン
ジュン

(トイレの時に払った)

いえいえ!こちらから誘ったので気にしなくていいよ!

それより六本木久しぶりって言ってたよね!ちょっと歩かない?

カナちゃん
カナちゃん

えー、払いますよ!

では次奢りますね!歩きましょうか

そして六本木ヒルズでヘルシードリンク?なるものを見つけて購入。本当に今回はカナちゃんの奢り。

ジュン
ジュン

美味しいですね〜

瓶捨てましょうか

ジュン
ジュン

(指差して)あそこから東京タワー綺麗に見えるんですよね〜

あ、今人少なくなったのでちょっと行きませんか?

カナちゃん
カナちゃん

はい

ジュン
ジュン

(歩いている時にしれっとカナちゃんの右手を握る・・・緊張・・・)

カナちゃん
カナちゃん

え・・・

そこには東京タワーが綺麗にライトアップされていました。

ジュン
ジュン

どう?綺麗じゃない?

カナちゃん
カナちゃん

ちょっと手を繋いだのも数年ぶりで、ちょっとパニックになってます・・・

カナちゃんは顔を赤くして暑そうでした。それもまたかわいい。

ジュン
ジュン

そっか。いきなりだったし、じゃあ今日はこれ以上はしないから、また今度会いたいな

カナちゃん
カナちゃん

私でよければ、ぜひ・・・

できればゆっくりちょっとずつ、よろしくお願いします

そうやってその日は手を繋いだまま駅まで向かい解散しました。

意外とまんざらでもなさそうだと思っていました。

が、その後のメッセージでは「しばらく忙しくて、ごめんなさい」とのことだったので早々に諦めました。

まぁ、「また会いたいです」「ぜひまたよろしく」系の言葉は信用していないので、こういうことは普通にありますね。

失敗談から学ぶべきこと

さて、今一連を振り返ると、色々反省点がありました。

まず、なんと言っても合コン時に印象付けをできていなかった点が一番ではないかと思います。

本当に打ち解けていたり、向こうも合コン時に好意があれば「勘違いして誘われた」と思わないですし、もし思っていたとしても口には出していなかったでしょう。

そんな形で強烈な印象を残せていなかったにも関わらず、勝手に舞い上がってしまいポンポン進めようとしていたため、ペースが合わなかったというのも敗因であると思います。

特に男性あるあるだと思うのですが、デートが決まったりするだけで色々妄想を膨らませて「お泊まりとかあるかな?」と何も進んでいないのに深めの目標を考えがちです。

特に今回のカナちゃんは恋愛経験も多くなくしばらく遠ざかっていたということもあり、先を急ぎすぎた感じが全体的にありました。

最初はお昼のカフェにして、その次にディナーデートで手を繋ぐ、ぐらいでもよかったのかなと思います。

とは言っても時間帯が大事ではなく、あくまで話の内容や相性が一番大事ではあるので、そこでやはりうまく心を掴めなかったのが悔しかったです。

タイトルとURLをコピーしました