メンズのデート服は大事!間違えないセットを紹介します

見た目のテクニック

デートで必ずやってくるのは服装問題。

どんな服装をすればいいのか?考える男性は多いと思います。

特に相手との関係値が薄い、初デートや2回目、3回目のデートは、女性からの評価が決まるため非常に大切です。

今回は、メンズも服装が大切な部分と、どんな服がいいのか?実際に筆者が試してみてウケがよかったコーディネートを紹介します。

メンズのデート服でNGなこと

まずは服装でNGなものから紹介していきます。

ヨレヨレの服

シワやヨレついている服はNGです。

デート前にはきちんとアイロンをかけましょう。特に襟シャツの襟などは要注意です。

汚れが目立つ服

できれば汚れがちょっとでもあるような服もやめておきましょう。

着る前に洗濯は当然です。

また、カバンや靴の汚れも同様です。意外と見落としがちなので注意しましょう。

サイズがあまりにも合わない服

あまりピチピチすぎたり、逆にダボダボすぎるのもいい印象を与えません。

意外とサイズは大事で、印象に変わってきます。

特に、シャツが大きすぎる人やジーンズの幅が太すぎる人を街中では見かけたりします。

全体を通して、NGなことは「清潔感がない」ことです。

不安であれば、デートの少し前にデート用の服を新調しておいてもいいでしょう。

メンズのデート服で手軽で簡単な組み合わせ

続いて、メンズのデート服について手軽で簡単な組み合わせを紹介します。

もちろん、男性が着たいかどうかの好みの問題もありますし、相手の女性がもっと違うファッションが好みの場合もあると思うので、一概には言えませんがその中でも無難な組み合わせです。

ニット+シャツ+ジーパンorチノパン+スニーカーor革靴

秋、冬、春におすすめの組み合わせです。

ニットの隙間からシャツの色や柄を見せるとレイヤードとなりおしゃれに見えます。

この組み合わせの場合、ニットかパンツを白色にすると清潔感が増すのでおすすめです。

パンツを白色にする場合、スニーカーを白色にすると下半身の色が統一され、足が長く見える効果もあります。

ジュン@マジメ男性
ジュン@マジメ男性

そういえば以前付き合っていた彼女は白パンツが大好きで、

コーディネート関係なく白パンツだとテンションが上がっていました。

やはり女性ウケ抜群と言えます。

ジャケット+シャツ+チノパン+スニーカーor革靴

続いては王道のジャケットです。

この場合は、シャツかパンツを白色にするのがおすすめです。

ジャケットを着るとかっこよさは2割増しと数多くの女性が言っておりましたw

メンズのデート服での配色について

ここでの配色について紹介します。

大きなルールは、「明るい色は1色まで」「柄は1パーツまで」の2つです。

明るい色は1色まで

赤・黄色・水色など鮮やかな明るい色は複数入れるとごちゃごちゃします。

それもわかっていておしゃれに見せる技もあるのですが、ファッション初心者〜中級者は下手に手を出すと火傷します。

明るい色は1色まで。

しかし、全て暗い色だとあまり清潔感がないように見えてしまうのでどこか1色は入れましょう。

おすすめは断然白です。

柄は1パーツまで

柄付きの服はたくさんお店に置いてあると思います。

これも明るい色と同じで、柄が複数あると情報量が多いです。

また、ジャケットなど大きい部分に入れるとインパクトが大きいです。

なので、できれば小さい部分にワンポイントとして入れるのがいいかと思います。

おすすめは、ニットの下のシャツの襟にチェックシャツやストライプを着ることです。

冬場であれば、マフラーに柄がついているものでもいいですね。

これさえ持っておけばデートは間違いない、というアイテム

ここまでの話を踏まえて、結局なんの服を何着持てばいいのか、と疑問に思った方もいるかと思います。

それも全部教えてしまいます。

黒or紺orグレーのジャケット

まずはジャケット。

白のジャケットは難易度が高いので、暗い色の黒か紺かグレーを推奨します。

ユニクロでもいいものは売っていますが、できればここはもうちょっと高くデザイン性があるものをおすすめします。

白ニット

白ニット。ケーブル編みのものでももちろんOKです。

白と言っても明るい白色と地味目な白色がありますが、ニットは明るめでもいいかと思います。

ユニクロのケーブルニットがコスパ最強なのですが、みんなそれをわかっているのでSサイズとMサイズはすぐ売り切れます。必死に探したこと、筆者はありました。

ジュン@マジメ男性
ジュン@マジメ男性

Sサイズが無くなるのは、女性が男性物のニットを自分用に買うからですw

メンズ用の方がしっかりしていてデザインもかわいいとか

白シャツ

特に優先度高いアイテムと言ってもいいと思います。

ニットの下に着てもいいですし、夏はジャケットと合わせて、お店だとジャケットを脱ぐこともあるのでメインのトップスとなる部分です。

生地がちゃんとしている方がいいので、これまたちょっと高いものから良さそうなものを選べばいいと思います。

また白は汚れやすいので、極力汚さないように気をつけましょう。また長持ちするアイテムと思わない方がいいかもしれません。

黒or紺のチノパン

デートだけでなく、普段の着回しにも優秀なアイテムです。

ぜひ、ご自身のサイズにぴったりなものを選びましょう。

これはユニクロでも全然問題ないです。

白のチノパン

暗めの色のジャケットやニットによく合います。

筆者はユニクロで買いましたが、汚れにくいブランドがあるのであれば教えて欲しいです・・・

白のスニーカー

白のパンツに合わせるための白のスニーカー。

コンバースあたりが有名でしょうか。

筆者は機能性も考慮してNew Balanceのスニーカーを愛用しています。

ジュン@マジメ男性
ジュン@マジメ男性

筆者は散歩するのが趣味で好きなので、長時間散歩できるのを重視していますw

黒orそれに近い色の革靴

ビジネス用のものでも特段違和感はないと思います。

これらのアイテムを揃えれば、2回のデートは完璧です。

その後は、暗めのニットを追加したり、黒のシャツをジャケットに合わせたりと部分的に変えていけば新鮮さを与えられます。

おわりに

以上となります。

いかがでしたでしょうか?

デート用のメンズ服ですが、清潔感のない服装はNGです。

サイズや汚れ、ヨレなどに気をつけましょう。

無難な組み合わせは、「ニット+シャツ+ジーパンorチノパン+スニーカーor革靴」もしくは「ジャケット+シャツ+チノパン+スニーカーor革靴」です。

配色および柄のルールに気をつけて、ベーシックなアイテムをまず揃えると今後が楽になります。

服装は、比較的簡単に男性の見た目の部分を変えられるので、労力の割に効果が高いです。

ぜひとも、参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました